• ファシリテーションの技を、講座での「理論」と

    高校現場での「実践」で身につける講座です

    まずは動画をご覧下さい。

  • ファシリテーションとは

    参加者を主役にし
    達成したい「場の目標」に向けて

    場をデザインすること

     

    この講座では、特に教育現場を題材にして場づくりを学びます。

  • 講座コンセプト

    「理論」と「実践」と「フィードバック」がセットになった講座です。

    「理論」

    良い場をつくる学術知識

     

    ファシリテーションは学問分野として存在しています。場づくりを研究するメンバーと、この分野の持つ場づくりの知見を、座学とワークで分かりやすく提供します。

    「実践」

    現場で試して納得する

     

    Foraの延べ2万人に及ぶ高校授業実践の知見と、講師の漫才や即興演劇で培っている舞台実践の経験を講座に生かします。講座内ではゲームを通して学び、高校での授業実践につなげます。

    「フィードバック」

    データを蓄積し、次へ繋げる

    実践のデータを蓄積し、今回の目標に合わせてチェックします。講師からのフィードバックもその場で文字起こしして可視化。目標をはっきり持って次に繋げます。

  • 講座のカリキュラム

    講座で理論を学び、高校授業で実践を積み重ねます。

    実用講座では、興味のあるテーマを

    2つ選び参加できます。

    1

    基礎講座

    ファシリテーションをワークを通して体験し、裏付けになる理論も合わせて学びます。10/21,10/28,11/4の3回で、場づくりに必須の基礎を理解します。

    全3回,日曜13:30〜17:00に開講します。

    2

    授業実践

    高校でForaのプログラムを使ってワークショップ形式の授業を行い、ファシリテーションを実践します。講師のフィードバックを受け振り返り、また実践する。このサイクルで技能を高めていきます。

    3

    実用講座

    特に習得したい能力を、選んで高めます。年度内の月に一度開催します。講座生以外の一般の方も参加できる講座です。

    4

    修了式

    3/24の修了式で修了を認めます。基礎講座3回の受講と実用講座2回以上、授業実践3回以上の参加が基準。Fora内外で次なる実践へ進みます。

  • 基礎講座・実用講座 概要

    基礎講座

    10/21|主体性を引き出す、即興性を磨く
    ファシリテーション/即興性/ワークショップ/プレゼンテーション/アイスブレイク

    10/28|ファシリテーションの練習とフィードバック

    ワークショップデザイン/フィードバック/空間デザイン

    11/4|参加者を主役にするための仕掛けと手法

    サブファシリテーション/​参加性リフレクション

    ※講座の詳細については体験会でご説明します。

    実用講座

    11月|すぐ使えるファシリの学術知識(竹田琢)

    12月|参加を引き出す場づくりの技法(杉山大樹)

    01月|場に応じた声の出し方・使い方(杉山大樹・工藤理世菜)

    02月|ワークショップデザインを俯瞰する(亀岡恭昂)

    03月|グループワーク・ミーティングの場づくり(杉山大樹or西山和馬)

    ※内容は変更になる可能性があります。
    ※詳細は一般社団法人ForaのFacebookページをご覧ください。

  • 講座修了生の声

    講座修了生の声を紹介します。

    4期生 けんけん

    様々な場づくりの手法を、座学だけでなく体験しながら学べました。また、実際に高校生に授業ができるので、準備から実践まで実感の伴ったリアルな学びでした。

    4期生 ちっち

    話す声・スピードなど、自分を客観的に見れるようになりました。授業実践で、実際に高校生の前に立って挑戦してみることで、「何ができるようになってる?何が足りない?」を実感できました。

    4期生 レティ

    ”失敗ウェルカム”な場で、ひとりひとりの個性を尊重してくれる雰囲気。ファシリテーションへの学術的なアプローチと、感覚的なアプローチの両方を、自分なりに組み合わせることができたので、”自分だけ”のファシリテーションが見えました!

     

    4期生 なかじー

    内省の時間がしっかりあり、ただやって終わりじゃないサイクルがありました。何より、モチベーションが高い良い友人に出会えました。

  • 講師

    杉山 大樹(ディレクター)

    一般社団法人Fora

    ワークショップ・デザイナー

    ファシリテーター

    漫才師・即興演劇役者

    愛知県出身。東京大学経済学部卒業。社外でも活躍するファシリテーター。漫才・インプロ(即興演劇)を活用したワークショップを多数開催。一般社団法人Foraでは、高校生向けのキャリア教育のプログラムを開発。

    竹田 琢(ゲスト講師)

    一般社団法人Fora

    ワークショップ・デザイナー
    青山学院大学

    社会情報学研究科修士課程

    山形県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業。青山学院大学社会情報学研究科修士課程在籍。学問ファシリテーター育成講座を立ち上げる。大学院でワークショップにおけるリフレクション(内省)研究を行う。

    亀岡 恭昂(監修)

    一般社団法人Fora

    共同代表・理事
    東京大学公共政策大学院

    特任専門職員

    広島県出身。東京大学教育学部卒業、東京大学院教育学研究科教育心理学コース修士課程在籍。「誰もが自分の立てた問いを探究できる社会」を理念に、公共政策大学院特任専門職員、慶應義塾大学SFC研究所所員、一般社団法人Fora共同代表を務める。

  • 「大学生」であれば誰でも参加できます

    募集要項

    • 定員|25名
    • 内容|基礎講座:10/21,10/28,11/4 13:30~17:00
         実用講座:選択して2回以上
         授業実践:選択して3回以上
         修了式:3/24の修了式で修了とします。
    • 参加費|18000円
    • 講座開催場所|御茶ノ水スタジオ:東京都千代田区外神田2-2-17 共同ビル万世1F(御茶ノ水駅より徒歩5分/秋葉原駅より徒歩10分)
    • その他経費|授業実践への参加ごとに交通費(2000円を上限)を支給

    応募条件

    • 2018年度において大学生、あるいは大学院生である
    • 基礎講座3回に必ず出席することができる
    • 授業実践(平日の日中, 所要時間6時間程度)に3回以上参加することができる
  • まずは体験講座に参加しよう

    学問ファシリテーター講座第5期の体験講座を次の日程で開催します。
    講座参加希望の方は、日程を選んでご参加ください。

     

    ①9/30 14:00〜16:30

    @御茶ノ水スタジオ
    ②10/3 18:30〜21:00

    @上智大学

    ③10/7 14:00〜16:30

    @御茶ノ水スタジオ

    お申し込みはこちらから

    申込期限は10/2です。お早めに!

  • よくある質問

    今までファシリテーションの経験がないのですが、ついていけますか?

    A. 大丈夫です!基礎からファシリテーションの構造を体系立てて学ぶことができるので、初めての方でも、安心してご参加いただけます!

    大学でまだ専門分野が決定していないので、きちんと授業できるか不安です。

    A.基礎講座内で、Foraの授業内容を体験してもらいますので、大丈夫です。専門分野が決定していなくても、安心して授業に臨むことができるよう、個別でサポートいたします!

    体験講座に参加したら、必ずプログラムに申し込まなければならないのでしょうか?

    A. 体験講座で、ご自身の興味・関心に沿うか判断していただいたのちに応募していただければ幸いです。説明会後に申し込みフォームをお渡し致しますので、参加をご希望される方はご回答をお願い致します。

    ×
    fsdfsdf