• こんな悩み、

    ありませんか?

    プレゼン等で聞いている人を巻き込めない
    人前に立つと緊張してうまく話せない
    相手が求めているものを引き出せない
    議論を効率化/活発化させたいがやり方がわからない

    人前で自信を持って

    話せたらいいのに…

    プレゼンで人を惹きつけられるようになりたい
    人前で緊張せずに話せるようになりたい

    聞いている人を楽しませる話がしたい

    安心できるような場を

    作れたらいいのに…

    相手の考えていることを引き出したい

    考えていることをまとめられるようになりたい

    議論の場をもっと活性化させたい

  • そんな悩みを解決してくれるのが

    【ファシリテーション能力】です。

    ファシリテーション能力とは、

    参加者の主体性を引き出し

    場の価値を引き上げる

    コミュニケーションの能力です。

     

    参加者同士の関わりや想いを引き出すことで

    "参加している実感"をデザインします。

  • 講座の3つの特徴

    学術的裏付けのある理論

    ファシリテーションの理論を学ぶ

    場を良くする手段を選べる

    ファシリテーションの理論を、座学とワークで分かりやすく学べます。

    高校現場での実践

    学んだ理論を何度も試す

    余裕を持って人前に立てる

    Foraのプログラムを使い、高校現場で学んだことを繰り返し実践していきます。

    リアルタイム フィードバック

    客観的な評価を重ねる

    すぐに成長を実感できる

    講師や講座生から即時的にフィードバックを受ける機会を用意しています。

  • 講座修了生の声

    講座修了生の声を紹介します。

    石戸 純

    (立命館アジア太平洋大 3年)

    自分のプライドを捨てて、無防備で場に立つ勇気を学びました。人前で話すのが苦手だったのですが、苦手なことは笑いに繋がり、活かせるものだと思えるようになりました。

    引地 乃梨子

    (中央大学 1年)

     

    座学だけでなく実学でたくさん経験を積めました。
    自分が人に教える機会でも、仕組みづくりから、実際に場にに立つときまで、学んだことが役立ちました。
    実践的な技術がつきました。

    大塚 正博

    (中央大学 2年)

    自分では中々意識できない声の使い方なども、フィードバックをもらいながら、何回でもTry出来て、成長していけたと思います。
    各々で場づくりの仕方は違うとしても、共通しているものを先輩から、一番最初に丁寧に説明してもらえるので、みんなと一緒に活動を作ることができ、楽しかったです!!!

  • 講座の流れ

    連続講座を核とした全8回の講座プログラム

    授業実践の機会を加えた充実の内容です。

    1

    オリエンテーション

    (5月8日)

    講座での学び最大化のため目的意識を共有します

    2

    連続講義(全5回)

    (5月〜7月)

    多様な講師から、それぞれの技を学びます

    3

    授業実践

    (6月〜7月)

    高校現場での授業機会にご案内します

    4

    リフレクション

    (7月31日)

    3ヶ月間の学びを振り返り気付きを最大化します

    5

    修了式

    (9月25日)

    培った技術の、講座外での活かし方を見据えます

  • 講座/講師紹介

    第1回 | 5月22日
    プレゼン/ファシリに通ずるスキル

     

    杉山 大樹|フリーランスファシリテーター

    1993年生まれ。東京大学経済学部卒。教育・キャリア領域や社内研修向けのフリーランスファシリテーター。「イケダハヤト×箕輪厚介対談in掛川」「UmeeT Live!」「Tech × Public Affairs」にて担当。漫才・インプロ(即興演劇)を活用したワークショップを定期開催。(→note)

     

    <講座のポイント>

    ・インプロ(即興演劇)のゲームを用いて、緊張せずに場を作る方法を体感する。

    状況に合わせて対応するためのメタ認知のエッセンスを学ぶ。

    第2回 | 6月5日

    学習環境デザイン論

     

    竹田 琢|青山学院大学院博士前期課程

    山形県出身。青山学院大学社会情報学研究科博士前期課程在籍。継続的な学びを支援する学習環境デザインに関心を持つ。現在はコンサルティングファームで、ファシリテーター育成のための学習環境デザイン。大学院での専門は質的心理学・学習環境デザイン論。研究テーマはリフレクション(省察)

     

    <講座のポイント>

    ・場の環境が与える効果を理解し、現場で活かせる学術知識を学ぶ。

    熟達したファシリテーターが用いる技術を、自分で使えるようになる。

    第3回 | 6月19日
    相手に伝わりやすくするためのスキル

     

    工藤 理世菜|学問ファシリ講座マネージャー

    1998年生まれ。ミュージカルダンサーだった母の影響を受け、高校生時代から演劇を始める。17歳で劇団ファミリアに入団、当時から演劇を用いた自己表現・自己内省のワークショップを継続して開催。現在は一般社団法人Fora 第6期 学問ファシリテーター育成講座のマネージャー。

     

    <講座のポイント>

    場に合わせた声を理解し、発声法のトレーニングを実践する。

    ・参加者の理解を促すサブファシリテーションの技術を学ぶ。

    第4回 | 7月3日

    思考を可視化するグラレコの技術

    上園 海|グラフィックレコーダー

    沖縄県出身。会議や勉強会、カンファレンスなどで起こる「生の場」をイラストを用いてリアルタイムで可視化する。News Picks、PR TIMESなどのイベントをはじめ、EXILEの事務所LDHの役員ミーティングに毎週導入されるなど、社内会議の場にも活動を広げる。

     

    <講座のポイント>

    ・近年注目されるグラレコを用いて、参加しやすい場の要点を学ぶ。

    ・可視化の技法から、相手に届くコンテンツの作り方を学ぶ。

    第5回 | 7月17日
    想いを引き出すダイアログ

    志賀 アリカ|(株)シグマクシス アシスタントマネージャー

    国際基督教大学卒業。「変わり続ける人/組織をつくる」をテーマに、深い自己変容の場を設計。日本初全寮制インターナショナルスクールISAKでのリーダーシップワークショップの設計にも携わる。現在は、人財/組織開発に強みを持つ戦略コンサルタントとして活動。

     

    <講座のポイント>

    ・参加者から想いを引き出すダイアログの手法を学ぶ。

    ・安心安全の場づくりを体験し、ファシリとしてのあり方を内省する。

  • 講座参加までの流れ

    1

    説明会に参加

    まずは説明会にご参加ください。講座参加を検討されている方は参加必須です。

    2

    面談に参加

    説明会参加後、講座参加希望者の方には面談を実施いたします。(人数超過の場合選考となる場合がございます。)

    3

    講座参加

    講座参加者の方には、場所等の詳細をお送りいたします。

  • 募集要項

    募集要項

    • 定員|25名(定員を上回った場合、選考を行なっております)
    • 参加費|18,000円 
    • 実践内容|高校出張授業 3回以上(3回までは2,000円、4回目以降は5,000円の活動支援金を支給いたします。
    • 講座内容|全8回 18:30〜21:30
      5/8  (水)|オリエンテーション
      5/22(水)|プレゼン/ファシリに通ずるスキル
      6/5  (水)|学習環境デザイン論
      6/19(水)|相手に伝わりやすくするためのスキル
      7/3  (水)|思考を可視化するグラレコの技術
      7/17(水)|想いを引き出すダイアログ
      7/31(水)|リフレクション
      9/25(水)|修了式
    • 講座開催場所|原宿駅周辺

    応募条件

    • 2019年度において大学生、あるいは大学院生である
    • 講座全てに出席することができる
    • 高校出張授業(平日の日中, 所要時間6時間程度)に3回以上参加することができる
  • まずは説明会へ

    講座の魅力をお伝えします。過去講座生も参加し、声を聞くことができます。

    説明会参加の上で、受講するかどうか検討いただけます。

     

    いずれかの日程でご参加ください。

    4/5 (金)18:30~20:30

    4/11(木)18:30~20:30

    4/17(水)18:30~20:30

    4/22(月)18:30~20:30
    場所|本郷三丁目駅/東大前駅付近

     

    定員を超える場合、面談の内容を元に選抜させていただきます。

  • よくある質問

    Q.今までファシリテーションの経験がないのですが、ついていけますか?

    A. はい、ぜひ歓迎しております。基礎からファシリテーションの構造を体系立てて学ぶことができますし、体験型ワークや講座内での実践機会も用意しております。講座内の雰囲気も、失敗をして、試行錯誤していく雰囲気作りを心がけておりますので、初めての方でも、安心してご参加いただけると思います

    Q.講座に参加したいのですが、説明会に参加できません。受講は不可能ですか?

    A.原則必須参加をお願いしておりますが、ご相談を承りますので、facilitation@fora.or.jpまでご連絡ください。

     

    Q.大学でまだ専門分野が決定していないので、きちんと高校実践授業ができるか不安です

    A.問題ございません。講座内でForaの授業内容を体験してもらい、安心して授業に臨むことができるよう、個別でサポートいたします。

     

    Q.興味はあるのですが、参加が難しそうです。

     

    A. 興味を持っていただき、ありがとうございます。弊社の事業である「キャリアゼミ」へのご参加を依頼する場合がございます。こちらよりお問い合わせください。

    Q.社会人でも申し込みはできますか??

    A. 大変申し訳ございません。大学生向けの講座のため、社会人の皆様の参加はお断りさせて頂いております。弊社や弊社のファシリ事業に興味を持ってくださった皆様には、各種機会や講座などもご案内させて頂ければと思っております。こちらよりお問い合わせ頂けますと幸いです。

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

    (担当:工藤)

    ×
    名称	一般社団法人Fora
    代表者  代表理事 藤村 琢己
    所在地	〒103-0022
        東京都中央区日本橋室町1-13-1 DKノア4F
    電話番号 03-6275-9783
    受付時間 平日10時〜18時
    販売価格 HPにて掲載
    支払方法 銀行振込
    
    
    HP           http://www.fora.or.jp
    
    
    ×
    個人情報保護方針
    一般社団法人Fora(以下、当社)は、個人情報の重要性を認識し、当社における個人情報の取り扱いに関し、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)その他の関係法令を遵守するとともに、以下のとおり個人情報保護方針を定め、その適切な取り扱いに努めます。なお、本個人情報保護方針において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することのできる情報)、ならびに、住所、電話番号、メールアドレス、学校名などと認識しております。
    
    1.個人情報の取得
    当社は、個人情報を「⒉ 個人情報の利用目的」に掲げる利用目的に必要な範囲で、適法かつ公正な手段で取得いたします。
    
    2.個人情報の利用目的
    当社は、収集した個人情報を、当社のサービス提供、採用活動及び勤務管理に関連して、それぞれ以下の目的達成のために必要な範囲で個人情報を利用し、その他の目的には利用いたしません。
    
    (1)事業における業務遂行
    当社教育事業におけるプログラム開発及び事務連絡
    当社及び関連団体の教育、講演・イベント等の案内
    当社の事業開発・改善のための研究調査
    各種問い合わせや依頼事項への対応
    (2)当社の採用活動
    スタッフ採用に関する事務連絡、選考手続きの遂行、採否の決定
    採用決定後の人事管理及び教育
    3.個人情報の管理
    当社は、個人情報を正確かつ最新の内容に保つように努めるとともに、取扱う個人情報の漏えい、滅失、毀損および不正アクセスの防止するため、必要かつ適切な措置を講じます。また、個人情報の安全な管理のために、従業者に対して必要かつ適切な監督を行うとともに、個人情報の取扱いの全部または一部を外部業者へ委託する場合には、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。
    
    4.個人情報の第三者への提供
    当社は、ご本人から事前の同意を得た場合、法令に基づく場合、あるいは次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に提供しません。
    
    個人を識別し得ない「統計データ」として開示する場合
    利用目的の達成に必要な範囲内で、第三者に個人情報の取り扱いを委託する場合
    5.個人情報の開示、訂正、利用停止等の請求
    当社は、保有する個人情報に関して、個人情報保護法に基づく開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるご本人からの請求があった場合には、ご本人からのご請求であることを確認のうえ、個人情報保護法に従い、適切に対応いたします。
    
    6.お問い合わせ窓口
    当社は、お客様ご本人からの個人情報の取扱いに関する苦情、ご相談、お問い合わせについて、適切かつ迅速に対応するよう努めます。但し、ご本人様の情報が委託されたものである場合は、委託元との契約に基づき対応致します。
    
    個人情報相談窓口:info@fora.or.jp
    
    7.本個人情報保護方針の変更
    当社は、必要に応じて、本個人情報保護方針を変更することがあります。
    
    制定日 平成28年4月1日
    一般社団法人Fora
    代表理事 藤村 琢己